【岡山】中学生塾に入る時期とは?選び方に悩んだら併用がおすすめ!|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

【岡山】中学生塾に入る時期とは?選び方に悩んだら併用がおすすめ!

岡山で評判の塾を選んで効率的に定期テスト対策をしよう!

岡山で中学生塾をお探しなら、加藤学習塾をご利用ください。高校受験や大学受験を成功させるために、自分に合った塾を選んで上手に活用してみましょう。今回は、中学生塾に通い始めるのに適した時期についてご説明いたします。また、塾を利用するメリットについてもお話しいたします。

学年別入塾すべき時期とは

入塾すべき時期

高校受験を見越して、多くの中学生が塾を利用しています。まだまだ高校受験まで多くの時間が残されている中学1年生でも、6割近くが塾に通っているといわれていて、高校受験間近の中学3年生は、約8割が塾を利用しているのです。まだまだ受験対策には間に合うものの、中1や中2のうちから通塾しているライバルに追いつくのは少し大変かもしれません。
中3の時期には志望校を具体的に見極め、目標達成のための学習を積み重ねる必要があります。受験を突破するためにも、できるだけ早く通塾を始めたほうがよいでしょう。

中2から通塾を始める子どもも少なくありません。中2は部活などが忙しくなり、勉強がおろそかになりやすいタイミングです。そういう時期だからこそ、塾で効率よく勉強すればライバルに差をつけることができるのです。
勉強でわからないことが増えてきたときや自分から学習する習慣がなかなか身につかないときには、塾を上手に活用しましょう。

受験を有利に進めたい場合や難関校受験を視野に入れている場合には、中1の初めから塾を利用したほうがよいでしょう。早めに通塾していれば定期テスト対策だけでなく内申点対策もでき、あとあとの選択肢が広がります。
中1の時期には、まだまだ高校受験に対するイメージが沸かないという子供もいます。早い時期に入塾すれば、高校受験に関する様々な情報を得ることも可能です。また、勉強する習慣がつきやすいことや受験に向けてスケジュールを立てやすいことも、早めに通塾を始めるメリットです。

中学校の定期テスト対策で塾を利用するメリット

塾を利用するメリット

高校受験を有利に突破するためにも、万全の定期テスト対策をしておきましょう。ここからは、定期テスト対策に塾を活用するメリットについてご説明いたします。

勉強にまとまった時間を費やせる

部活が忙しくなかなか勉強に時間を割けない子どももいるものです。また、友達と過ごしたり趣味の時間を持ったりすることも大切です。とはいえ、こういった時間を重視しすぎると勉強の優先順位が下がってしまうことになります。
塾に通っていれば一定時間必ず机に向かうことになるため、学習の習慣がつきやすくなります。中学生塾は部活や趣味に忙しい子どもにこそおすすめなのです。

内申点対策になる

高校受験では当日の試験だけでなく内申点も加味して合否が判断されます。内申点とは学期ごとに受け取る通知表に記された評定の合計のことを指します。評定は9教科5段階あるので、内申点の最高点は45点ということになります。
定期テストの点数が下がると内申点も下がってしまうため、内申点が考慮される受験では不利になってしまうことがあります。内申点が足りない場合には難関校の受験を諦めなければならないこともあるため、早めに対策しておきましょう。

個別塾と集団塾を併用するのもおすすめ

塾には個別塾と集団塾があるため、選び方に迷ってしまう方もいると思います。マンツーマンで指導を受けられるのが個別塾の大きなメリットですが、集団塾には同学年のライバルと切磋琢磨できるという良さもあります。塾選びに悩んだときには、2つのパターンを併用してみるのもいいかもしれません。

岡山で中学生塾の選び方に迷ったら加藤学習塾へ

中学生の中には、塾に通わず自分で定期テスト対策をする子どももいます。しかし、部活や趣味に忙しい中学生にとって、自宅で効率的に勉強を進めていくというのは難しいものです。高校受験に向けて学力アップを目指すのなら、早い時期から塾を利用するのがおすすめです。

岡山の加藤学習塾は、高校受験を見据えた定期テスト対策を行っております。加藤学習塾ではお子様一人ひとりに合わせた講義スタイルをご提案するため、苦手科目は個別指導、得意科目は集団指導など、それぞれにあったスタイルを選ぶことが可能です。
また、授業に毎回出席して、学習態度にも問題がないのに成績が向上しない場合は、成績が上がるまで無制限かつ無料で個別指導が受けられる成績保証制度もご用意しております。岡山エリアで成績アップを目指せる塾をお探しなら加藤学習塾にご相談ください。