計算ミスを減らす方法|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

計算ミスを減らす方法

計算ミスを減らす方法
テスト中のケアレスミスというのは、誰でもやってしまうものです。しかし、受験生にとっては1つのミスが合否を左右するため、ミスのリスクを減らす必要があります。特にケアレスミスが多いのは、計算問題でのミスです。そんな計算ミスを減らすには、様々なポイントがあります。

●途中式をしっかりと書く

計算の途中式を汚く書いたり、飛ばして書いたりしていませんか。途中式を書くのは面倒で、時間がかかる側面もあります。しかし、単純で簡単な計算でも途中式を綺麗にしっかりと書くことで、検算をしているときにミスに気がつきやすくなります。計算問題では複雑な式が出題されることも多いです。途中式を書くことでいくつかの式変形が分かり、計算過程も細かくチェックできるため計算ミスが軽減しやすくなります。また、最近では高校入試の問題で「途中の計算を残すこと」と記載されている場合もあるため、普段から途中式を書くクセを付けておきましょう。

●見直す

解答を見直すことはどの教科においても重要ですが、数学の場合、計算が正しいかを見直すだけではなく、別の角度から答えの正しさをチェックすることも大切です。例えば、方程式に自分が出した答えを代入して成立するか、自分の感覚と答えが矛盾していないか確認することで、計算ミスのリスクを減らせます。特に悩んだ問題ほど簡単なミスをしていることも多いため、慎重に見直すようにしましょう。

●ミスを記録して自分のクセを知る

一度したミスを繰り返さないためには、計算ミスをノートなどにまとめて記録することもポイントです。1つ1つの計算ミスは何の脈絡もないように見えても、記録していくうちにミスの傾向や自分のクセが分かるようになります。すると同じような計算問題が出題された際にも、以前自分はどうやって間違ったのか思い出せ、ミスを回避しやすくなります。


岡山で塾をお探しの方は、加藤学習塾をご利用ください。加藤学習塾では、毎年岡山朝日高校、岡山城東高校などの進学校に合格実績を出しています。お子様が通う中学専門のテスト対策を行い、定期テストで100点を目指せるようサポートします。1ヶ月無料体験授業も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。