苦手科目の克服法|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

苦手科目の克服法

苦手科目の克服法
学校の勉強では、誰もが苦手科目を持っているものです。受験ではこの苦手科目が合否を左右することもあるため、苦手科目の克服を目指しましょう。



●得意科目を伸ばす

苦手科目だけを一生懸命勉強しても、なかなか結果が出ないものです。すると自分に自信がなくなり、勉強に対してやる気もなくなってしまいます。そうならないためにも、まずは得意科目を伸ばすことが大切です。苦手科目を克服するには、学習に対するやる気やモチベーションを高い状態で維持する必要があります。得意科目であれば苦手科目と違って成果が出やすく、達成感も得ることができます。するとやる気・モチベーションも高まり、そのエネルギーの一部を苦手科目の克服時に発揮しやすくなるのです。これを心理学の言葉で「特恵効果」といい、全体的な成績の伸びを目指す上で重視されています。

●苦手な部分の共通点を探す

例えば、数学なら図形問題や関数、英語であれば文法やヒアリングなど、苦手としている箇所は人によって異なります。自分はどういった問題が苦手でいつもどこでつまずくのか、過去のテストや問題集などを見ながら探すことは重要なポイントです。そうすることで、だんだんと共通点が見えてくるようになります。自分が苦手としている箇所が明確になれば、その部分まで戻って復習することができますし、何度も何度も問題を解いて慣れることができます。

●苦手科目の勉強は集中力があるうちに

苦手科目はついつい後回しにしてしまいがちですが、後回しにするとそれまで集中力が持ちません。集中力がないときに勉強してしまうと、内容が頭に入らずさらに苦手意識が強くなるといった悪循環に陥りやすくなってしまいます。苦手科目は朝起きてすぐや休憩後など、集中力が高いときに勉強することをおすすめします。その際、一気に何時間も続けて勉強を行うのではなく、細かく分けて短い時間で少しずつ勉強することがポイントです。



加藤学習塾は岡山市を中心に、6校の学習塾を開校しています。生徒の皆さんの学力向上を第一に考え、学力アップをサポートする授業を展開しています。高校入試・大学入試に向けて、夏期講習や冬期講習、1ヶ月の無料体験授業なども行っています。岡山で学習塾をお探しなら、加藤学習塾をご利用ください。