【岡山】塾をお探しなら!英語の賢い勉強法とは?費用や塾の違いも解説|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

【岡山】塾をお探しなら!英語の賢い勉強法とは?費用や塾の違いも解説

岡山の塾が解説!中学英語のおすすめ勉強法と個別指導塾・集団塾の特徴

岡山で塾に通うなら、加藤学習塾までお気軽にお問い合わせください。今回は、中学の英語テストで高得点をとるための分野別勉強法と、個別指導塾・集団塾の特徴について、授業内容や費用を中心に解説します。

中学英語テストの対策・勉強法を解説

英語の単語帳

中学の英語テストで高得点をとるにはどのような対策をとればよいのでしょうか。ここでは具体的な勉強方法について紹介していきます。

英単語の覚え方

英単語を覚えるには、効率のよい暗記方法を身につける必要があります。言葉の成り立ちを考えながら暗記したり、自分で覚えやすいように工夫したりしながら覚えてみると、忘れにくくなります。
また、書いて覚える場合には、同じ単語を繰り返し書くのではなく、覚えるまで書くということを目標にするとよいでしょう。自分でテストをしながら、どこまで覚えられたか確認をしていくのも知識を定着させるという意味でおすすめです。

文法問題の対策法

文法の問題は、間違った場合にはその理由を考え、解答の根拠を理解し、正解の理由を説明できる段階にまでする必要があります。文法では、新しい傾向の問題は滅多にないため、試験対策をする際には過去に出題された問題を徹底的に反復・演習しておくとよいでしょう。

長文読解の対策方法

長文読解の問題を解く際には、いかに多くの英文を読みこなしてきたかが重要となります。わからない単語があった場合でも、気にせず読み飛ばし、全体の意味を把握することに努めましょう。

英作文の対策法

英作文を勉強する際には、いかにミスをせず書けるようになるか、という点が重要となります。単語や文法の間違いを防ぐことを意識しましょう。
記述力を身につけるには、表現方法のパターンを覚え、演習で繰り返し書くように訓練するのがおすすめです。また、先生に添削をお願いし、間違いを見つけ出した上で、次の対策をたてていくとよいでしょう。

リスニング問題の対策法

リスニング問題の対策には、ネイティブスピーカーの話す英語を何度も聴き、話す音を覚えて耳を鍛えるのがおすすめです。CDにあわせて同じ速さであとを追うように復唱する「シャドーイング」が、リスニング対策には効果的とされています。音を聴くだけでなく、自分の口で発音することで、英語の発音スピードにも無理なく慣れることができます。

個別指導・集団塾の授業の違いを解説

集団塾の授業

ここでは、個別指導塾と集団塾について、それぞれの塾の授業の特徴について紹介します。

個別指導塾の特徴

個別指導塾は、先生が1人に対して生徒1~3人、といったスタイルで指導を行う塾のことを指します。1対1指導では、先生1人が1人の生徒のみを指導する形をとりますが、先生1人で2~3人の生徒を受け持つ1対2、または1対3指導では、1人の生徒が問題を解いている間は、他の生徒が指導を受ける時間となります。

そのため、完全にマンツーマンで指導を受けたい場合には、1対1での指導がおすすめです。なお、複数の生徒が1人の先生から授業を受ける1対2、1対3指導の場合でも、カリキュラムは生徒一人ひとりに合わせた内容に設定されています。
ただし、個別指導塾では、1人の先生が受けもつ生徒の数が少なくなるため、費用が高くなる傾向にあります。

集団塾の特徴

集団塾は、1人の先生が、十人程度から数十人の生徒を相手に、同じ教室で授業を行う形式の塾を指します。学力別や志望校別にクラスがわかれていることが多く、クラス編成をする際には学力テストを行う塾も多く見られます。

なお、個別指導塾とは異なり、授業はあらかじめ決められたカリキュラムにあわせて進められるため、理解が不十分なところがある場合でも、そのまま授業が進んでしまうため、注意が必要です。
費用面では、個別指導塾と比較してリーズナブルなため、費用の負担を軽減したい場合には集団塾がおすすめです。

岡山で中学生塾をお探しなら!費用はお問い合わせを

中学の英語テストで高得点を取るには、英単語や文法問題、長文読解・英作文・リスニングなどそれぞれの分野ごとに効率よく勉強をすすめることが大切です。
また、塾の形態には個別指導塾・集団塾の2種類があるため、向き不向きや費用面などといった特徴を十分に把握した上で、どちらの塾に通うかを選択するとよいでしょう。

岡山で中学生塾をお探しの方は、ぜひ加藤学習塾までお気軽にご相談ください。一人ひとりにあわせたカリキュラムで、成績アップを目指せます。費用については、授業料のページも参考にしてください。