数の否定表現〜few_littleをおさえよう〜|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

数の否定表現〜few_littleをおさえよう〜

加藤学習塾ブログ

2023/09/06

みなさん、こんにちは。

英語の数の否定表現を見てみましょう。


①"There are a few books in my room."
(私の部屋に少しの本がある)
②"There are  few books in my room."
(私の部屋にはほとんど本がない)
③"There is a little money in my wallet."
(私の財布には少しお金がある)
④"There is  little money in my wallet."
(私の財布にはほとんどお金がない)
⑤"There are only a few books in my room."
(私の部屋にはほとんど本がない)
⑥"There are quite a few books in my room."
(私の部屋にたくさんの本がある)


このように可算名詞(数えられる名詞)にはfew・不可算名詞(数えられない名詞)にはlittleを用います。
そして、aが付いたときには少なくとも1以上はあるというイメージで肯定的な「少しは~ある」という訳し方で、aが付いていないときは1としてカウントできるほど数があるわけではないというイメージで「ほとんど~ない」と訳します。
⑤⑥のような「only a few」「quite a few」は特殊で、「only a few」はfewと同意で否定表現であり「ほとんど~ない」と訳します。
一方で「quite a few」はfewの意味が打ち消されて「a lot of」と同意表現であり「たくさんの~」と訳します。

和訳でも必須ですので数の否定表現に気をつけたいですね。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2023/05/21
  • 加藤学習塾ブログ
心臓のつくり〜進化の過程〜

  • 2022/08/17
  • 加藤学習塾ブログ
長野県の工業の話

  • 2022/06/07
  • 加藤学習塾ブログ
砂漠の話②~いろいろな砂漠の出来方~

  • 2022/12/09
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~読書の意義~

  • 2023/09/25
  • 加藤学習塾ブログ
そばに含まれる栄養素は何でしょう?

  • 2023/07/03
  • 加藤学習塾ブログ
理科~葉っぱの蒸散量を考えよう~
RECOMMEND
閲覧数ランキング