代名詞の話~ここに代名詞があるの?~|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

代名詞の話~ここに代名詞があるの?~

加藤学習塾ブログ

2022/04/30

みなさん、こんにちは。

引き続き、代名詞の話です。
以下の例文をみてみましょう。

"If he reads it, Mike will have read the comic twice."

普通に訳すと「もし彼がそれを読んだら、マイクはそのマンガを2回読んだことになります」ですね。
しかし、日本語としておかしいですね。マイクやマンガよりも「彼」や「それ」が先に和訳に出てきますね。
英語は修飾語句よりも、主節文(文全体の主語と述語のかたまり)に代名詞ではない形での本当の名詞を置く傾向があります。
よって、正しく日本語訳にすると
「もしマイクがそのマンガを読んだら、彼はそれを2回読んだことになります」が正しいですね。
代名詞が何を指しているのかに気を付けつつ、日本語訳にするときは順番も意識していきましょう。


戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2023/03/30
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~ガートルード・ウィリアムズ①~

  • 2023/05/20
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう〜マザー・テレサ②~

  • 2023/07/15
  • 加藤学習塾ブログ
2023年度夏期講習スタート

  • 2022/11/11
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~ココ・シャネル①~

  • 2023/08/08
  • 加藤学習塾ブログ
英語構文に挑戦~文化的差異への理解~

  • 2023/01/04
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~ビル・ワターソン①~
RECOMMEND
閲覧数ランキング