英語構文に挑戦~否定構文①~|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

英語構文に挑戦~否定構文①~

加藤学習塾ブログ

2023/08/23

みなさん、こんにちは。

今日は次の英文を見てみましょう。



"No one could belong to the class unless he was at least six feet tall."
(少なくとも6フィート(約180cm)の身長がないと、そのクラスに所属することは誰もできなかった)
→(もし身長が少なくとも6フィートあれば、そのクラスに所属することが出来た)



英文を見ていきますと、「No one~」で「だれも~しない」。「belong to~」は「~に所属する」。unlessはifの否定形で「もし~でなければ」。「at least」は「少なくとも」。
これは否定語が2こある「2重否定」という否定構文です。
「~でない」と「~でない」を組み合わせると、その反対の「~であり~である」という肯定文の内容になりますね。
この2重否定の構文は下の例文のように「never~without~」の形もよく出てきます。


"I never listen to the music without remembering my childhood."
(自分の子ども時代を思い出さずに、その音楽を聴くことはない)
→(その音楽を聴けば、自分の子ども時代を思い出してしまう。)



2重否定は内容を強調したいときに用います。和訳の時に少し注意ですね。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2024/02/20
  • 加藤学習塾ブログ
英語構文に気をつけよう〜分詞構文〜

  • 2022/05/02
  • 加藤学習塾ブログ
オランダ~なぜ低地がひろがるのか~

  • 2023/03/12
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~アインシュタイン②~

  • 2024/03/12
  • 加藤学習塾ブログ
英単語numberの語法

  • 2023/08/08
  • 加藤学習塾ブログ
英語構文に挑戦~文化的差異への理解~

  • 2023/02/10
  • 加藤学習塾ブログ
三角形の内側にある内接円について
RECOMMEND
閲覧数ランキング