英語の名言から学ぼう~ロバート・リー①~|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

英語の名言から学ぼう~ロバート・リー①~

加藤学習塾ブログ

2022/12/19

みなさん、こんにちは。

今日はロバート・リーの名言を見ていきましょう。
ロバート・リーは教科書に出てくるような人物ではないですが、19世紀のアメリカの南北戦争のときの軍人です。



"If you have any fault to find with anyone, tell him, not others, of what you complain; there is no more dangerous experiment than that of undertaking to be one thing before a man's face and another behind his back."

(誰かに不満があれば、他の人ではなく、本人に不満を言いなさい。人の面に向かって行動をとるのか、背中に向かって行動をとるのかを別々にするほど、危険な試みはありません。)


英文を見ていきますと、「find fault with~」で「~の欠点を探す・あら探しをする」。「no・more・A・than・B」の形は、やや堅い(古風な)構文ですが、「~ほど~なものはない」という最上級の意味になります。

SNSの時代だからこそ、この19世紀でいわれたことが現代社会ではより活きてきますね。
SNSの時代で、簡単に・匿名で・即時に、意見を言える時代ですが、誹謗中傷ほど、見えない武器はありません。
対面でいうのか・陰で言われるのかは、大きな違いだと思います。
さらに、対面の方が、他人の意見に耳を傾けやすく、不満を受け入れてアドバイスとして受け取り、自己改善につなげられるかもしれません。
これこそ、思いやりですね。
みなさんも気をつけていきましょう。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2022/10/22
  • 加藤学習塾ブログ
名言から学ぼう~孔子「論語」②~

  • 2022/12/06
  • 加藤学習塾ブログ
ウーパールーパーの不思議

  • 2022/09/06
  • 加藤学習塾ブログ
ニュージーランドの牧畜

  • 2022/08/09
  • 加藤学習塾ブログ
英語のことわざから学ぼう③~運命を決めるのは~

  • 2023/08/23
  • 加藤学習塾ブログ
英語構文に挑戦~否定構文①~

  • 2022/09/03
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~アニメ「ドラえもん」より①~
RECOMMEND
閲覧数ランキング