英語構文に挑戦〜ifの時制〜|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

英語構文に挑戦〜ifの時制〜

加藤学習塾ブログ

2023/11/28

みなさん、こんにちは。

今日は以下の英文を見てみましょう。

"I don't know if he will come tomorrow, but if he comes, I will tell him to do it."
(明日彼が来るかどうかわからないけど、もし明日彼が来たら、それをするように言うつもりです。)


if は2つの使い方があります。中学生で出てくるのが「もし〜ならば」です。そして、もう一つ「〜かどうか」という意味があります。
問題は時制をどうするかです。
「もし〜ならば」ならば、その事実にまだなっていないので、未来形にせずに現在形にします。
しかし、「〜かどうか」はそういう疑問が実際に存在しているので、「〜だろうか」という推量の意味を添えるためにも、未来形のwillを使います。
ifの使い方に気をつけましょう。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2023/08/13
  • 加藤学習塾ブログ
日本の伝統行事を英語で・・・

  • 2023/09/08
  • 加藤学習塾ブログ
山の上で炊いたご飯は美味しいの?

  • 2023/12/15
  • 加藤学習塾ブログ
石の容積は?

  • 2023/03/17
  • 加藤学習塾ブログ
学校に行かない選択の権利~「ラーケーション」とは~

  • 2022/05/06
  • 加藤学習塾ブログ
インドのカレーの話~地理的観点から~

  • 2023/01/17
  • 加藤学習塾ブログ
クマムシって?~大学入試共通テスト英語リーディングで出題された生物~
RECOMMEND
閲覧数ランキング