shallの話|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

shallの話

加藤学習塾ブログ

2022/05/05

みなさん、こんにちは。

今回はshallの話をします。
中学英語では主に2つの表現が出ますね。
"Shall I~?"(私が~しましょうか)と"Shall we~?"(~しませんか)ですね。
しかし、イギリス英語を用いるところでは、少し違った使われ方もします。
イギリス英語ではwillの代わりに使われます。
前回の投稿でwillはその場での思い付き・意志・推測というふうに説明しましたね。
イギリス英語でのshallは主に1人称での「その場での思い付き・意志」に使われます。
以下の例文をみてみましょう。

"I shall go shopping next Saturday."(次の土曜日に買い物に行くつもりです)

また、「I shall」を「I'll」と短縮できます。こうすれば、willとshallの見分けが付かないですね。

しかし近年、イギリスでもwillとshallを同じ意味でどちらの単語もみられる英文が増えてきました。

いずれにせよ、shallはwillと同じようなイメージで未来志向があるとおさえておきましょう。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2022/05/09
  • 加藤学習塾ブログ
日本の繊維産業の話~産業空洞化とグローバル社会~

  • 2022/05/16
  • 加藤学習塾ブログ
英文の語順~修飾語句をどの順番にする?~

  • 2022/04/21
  • 加藤学習塾ブログ
かぼちゃでみるグローバル社会

  • 2022/05/21
  • 加藤学習塾ブログ
計画的山火事(Controlled fire)の話

  • 2022/05/07
  • 加藤学習塾ブログ
インドのICT産業について

  • 2022/04/11
  • 加藤学習塾ブログ
英語リスニング力を鍛えるには~早期教育の重要性~