中国の降水量について|岡山の進学塾|加藤学習塾・個別指導塾

ブログ

中国の降水量について

加藤学習塾ブログ

2023/07/13

みなさん、こんにちは。

今日は中国の降水量についてお話します。
中国は国土面積が約960万平方キロメートルあり、世界で4番目に広い国です。
そんな広大な国土なので、冷帯・乾燥帯・温帯・亜熱帯など多様な気候に恵まれてます。
海岸部はモンスーンの影響を受けて、夏に降水量が多くなります。
南部は年降水量が1500mm以上であり、米の二期作や茶の栽培地になってます。
東部は稲作地域と小麦・トウモロコシ・大豆などの畑作地域に分かれるラインがあり、そのラインが年降水量およそ1000mm程度です。このラインは秦嶺(チンリン)山脈とホワイ川を結んだラインと一致するので、「チンリン・ホワイ・ライン」と言われてます。
さらに北に行くと年降水量が少なくなり、小麦の単作地帯や遊牧地帯になっていきます。
中国は南北に降水量が変化するので、北と南で栽培されている作物が異なります。
地図で確かめましょう。

戻る

RECOMMEND
あなたへのおすすめ

  • 2022/10/20
  • 加藤学習塾ブログ
幕末にもあった円安!?

  • 2022/10/13
  • 加藤学習塾ブログ
小豆島のオリーブ栽培について

  • 2023/08/10
  • 加藤学習塾ブログ
世界の半導体地域~いくつ分かる?「シリコン○○」「○○ベルト」~

  • 2022/11/08
  • 加藤学習塾ブログ
英語の名言から学ぼう~ジョセフ・アディソン①~

  • 2023/06/16
  • 加藤学習塾ブログ
7の倍数とはどんな数?

  • 2023/07/25
  • 加藤学習塾ブログ
景観保護と人間社会の共生の難しさ〜鳥取砂丘を例に〜
RECOMMEND
閲覧数ランキング