ビジョン

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
    沖縄で、73歳の喜久村一さんが「第3種電気主任技術者」という難関の国家資格に合格しました。
    この試験は、合格率11.5%の超難関国家試験になります。3年間で全科目に合格すれば資格取得となり、喜久村さんは1年目で2科目クリアしたものの、2年目での残り2科目に失敗しました。
    ラストチャンスの3年目、無事残り科目を突破することができ、見事合格することができたそうです。
    喜久村さんは、長らく放送局で技術者として働いていました。しかし、2008年に退職後も機器の保守管理に携わりながら、エネルギーの自給自足など放送技術以外のことにも関心をもち、資格取得を志しました。
    資格取得のために1日10時間勉強、講義は毎回出席し、積極的に質問をしていたそうです。
    私は喜久村さんに会ったことはありませんが、とてもエネルギッシュで努力家の方だということはしっかり伝わってきます。
    喜久村さんは、資格を今の仕事に役立てるほか、学んだ知識を沖縄の子どもたちに伝えたいと考えておられます。
    以前もお話しましたが、大きな目標をもつのに年齢は関係ありません。タイミングは重要でなく、ただ、合格のためには共通して努力することが重要です。
      努力を続けるには、喜久村さんのように明確なビジョンを持っていることも大事なのだと思います。みなさん、今は見つからなくてもそのうち見えてくることもありますので、普段から様々なことに目を向けてみましょう。

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1197

    コメントする

    この記事について

    このページは、katogakushujukuが2021年11月16日 14:12に書いた記事です。

    ひとつ前の記事は「言葉」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。